ホーム > IR情報 > 株主・投資家の皆様へ

IR情報

株主・投資家の皆様へ

代表取締役社長 景山 洋二

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

当社グループは1973年の創業以来、血管カテーテルの専門メーカーとして、医療を通じて社会に貢献することを経営理念とし、社是に掲げた「創造・迅速・確実」をモットーに、医療機関の皆さまのお役に立つ品質の高い製品を提供してまいりました。

現状に安住せず、「現状はこれでいいのか?」と自問自答を通じた自己否定、自己変革の姿勢を全社に浸透させ、誠実に努力を重ねてきました結果、日本国内では一定の評価と支持をいただき、医療機器メーカーとしての基盤を固めてまいりました。

医療従事者の安全、感染管理、あるいは患者様のQOL向上に貢献する製品の開発は、医療機器メーカーの責務であります。より安全な製品をお届けするために、既存製品の改善・改良、さらには、より低侵襲な製品の開発等に取り組んでまいります。

具体的施策として、インターベンションに注力し、治療領域に特化した自社製品の開発を進めると共に、他社製品も含めより良い製品の提供に努めます。海外展開については、これまでの欧米市場に加え、中国市場への比重を高めてまいります。

当連結会計年度における医療関連業界におきましては、新型コロナウイルス感染症の影響を強く受け、各医療機関の手術件数や検査件数が減少しました。当社グループでは、製品供給等に問題が起きぬよう事業の継続性に細心の注意を払い、販売面におきましても感染防止を最優先とし、インターネット等を通じた効果的な情報提供に努めてまいりました。

このような事業環境下におきまして、当連結会計年度の業績は、売上高19,312百万円(前期比2.9%減)、営業利益3,778百万円(同12.7%減)、経常利益3,871百万円(同11.7%減)、親会社株主に帰属する当期純利益2,659百万円(同7.9%減)となりました。

感染拡大が収束し世の中が落ち着きを取り戻すには、しばらく時間を要すると思われますが、新たな経営体制におきましても、メディキットグループの発展と企業価値の向上に引き続き努めてまいります。

株主・投資家の皆様の変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP